レーザー脱毛は効果が無い!?

昨今、脱毛効果が高いとして広まっているレーザー脱毛ですが、その広がりに比例するように、レーザー脱毛に関する批判的なコメントも目立ってくるようになりました。その中で最も多いのが、「毛がまた生え始めてきた!レーザー脱毛は半永久的な脱毛としては効果が無い!」といったものです。しかし、この批判の通り、本当にレーザー脱毛は半永久的な脱毛としては効果は無いのでしょうか。こうした批判が本当に妥当なのかどうか考えてみましょう。

レーザー脱毛は継続的に行わなければならない施術

レーザー脱毛は、その名の通りレーザーを発射して毛が生えてくる毛根を焼く施術です。技術の進歩でだいぶ体にかかる負担は軽減されるようになりましたが、それでもやはり痛みを伴います。1つ1つの痛みは微細なものであるため、どんな人でも簡単に耐えることができますが、それが数百以上ともなると、長時間続けるのにはリスクが伴います。従って、レーザー脱毛の施術は小分けにして回数を重ねて受け続ける必要があります。これを1回で施術を済ませることができると勘違いした人が、「全部抜けていない!」と憤慨してしまうケースがあるのです。

皮下の毛が生えてくることで毛根が再生したと勘違い

もう一つ、継続的にレーザー脱毛を受け続ける理由があります。それは、毛には毛根から生えてくると、皮下で2~3ヶ月ほど伸び続けてそこから顔を出すというサイクルがあるという点です。毛が薄い部分を、レーザー脱毛で目に見える毛全て抜いたとしても、その皮下には次に生えてくる毛が潜伏しているのです。そうした毛の毛根も全てレーザーで潰さなければ、完全に脱毛しきることはできません。しかし、やはり1回の施術で全て抜けたと勘違いした人が、潜伏した毛が生えてきたのを見て「毛根が再生した!レーザー脱毛は効果が無い!」と思ってしまうのです。レーザー脱毛は謳い文句通り、脱毛効果が高い施術です。しかし、全てを抜くにはそれ相応の回数の施術が必要だということを心得ておきましょう。

レーザー脱毛は、エステティックサロンや美容整形外科、美容皮膚科などで受ける事ができます。また、自分で器具を購入してもする事ができます。